買取額が高い

時計を集めている

金をいかに高く買い取ってもらうのか

金を買取するタイミングを知るのは大変な苦労ですが、いざ金価格のピークが来たと思ったとき、何も考えずに買取をしてもらうと思わぬ損をする可能性があるのです。なぜならば、金買取の業者によって買取価格に差があるのです。どの程度の価格差があるのかというと、1グラム当たりの買取価格がせいぜい数十円違うというものです。たかがその程度と思うかもしれませんが、高く買取ってもらえる業者があるのに、他の業者へ金を持ち込むというのは合理的とは言えないのです。ただし注意しなければいけないのは、買取価格が高くても手数料が大きく惹かれてしまうケースです。そうなれば、実質的な買取価格は下がることになるので、買取を依頼する前にかっく人が必要です。

金買取の平均相場を確認する

金の買取価格は、その金がどの程度の純度かどうかで決まるのです。 最も高い純度がK24あるいは24金に分類されて、純度が下がるごとにK22、K21.6、一番低い純度はK10となるのです。金買取価格の相場は、K24が1グラム5000円近い値をつけていたとして、K10になると1グラム2000円程度にしかならないのです。 また、金の形状によっても値が変わり、ネックレス等の加工された金よりも金塊すなわちインゴットでの金買取のほうが高くなるのです。およそ買取価格の差は1グラム当たり100円程度の違いがあるのです。 金買取の業者選びでは、ホームページで毎日更新される金買取価格を確認することになるのです。そのとき、自分が金買取をしてもらおうとしている金の純度は、果たしてどのランクなのかを把握しておかなければならないのです。